環境基本方針と目標

環境基本方針

理念

愛知電機株式会社は、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであると認識し、当社の事業活動のあらゆる面で環境の保全に配慮して行動します。

環境方針

  1. 当社の主要な業務は、変圧器、制御機器、小型モータ、住設機器、介護機器等の設計から部品調達・製造・検査・出荷までの生産と販売活動であります。その生産と販売活動において環境影響を少なくするために、環境目標を設定し、環境マネジメントシステムを推進します。また、その運用状況を定期的に見直し、環境パフォーマンス向上のための環境マネジメントシステムの継続的な改善と汚染予防及び環境保護に努めます。
  2. 環境関連の法律・規制・及び協定等を遵守し、環境汚染防止のため、化学物質の適正管理に努めます。
  3. 当社の事業活動が環境に与える影響のうち、次の項目を重点的に取り上げ実行します。
    (1)
    地球温暖化防止のため、省エネルギーを推進します。
    (2)
    天然資源保護のため、省資源を推進します。
    (3)
    ライフサイクルの視点から、環境に配慮した製品を目指し、設計・開発を推進します。
  4. 社会や地域における緑化・美化活動に積極的に参画します。
  5. 全従業員の環境保全に対する意識を向上させるため環境方針を周知するとともに、環境教育や環境情報に関する社内広報活動を実施します。
  6. 環境基本方針は、広く社会に公表します。

2016年3月15日
愛知電機株式会社
取締役社長 佐藤 徹

環境目標

▼環境目標を定め、環境保全に努めています。

1. CO2原単位の改善
  基準値は、2013年度から2015年度の平均値
  CO2原単位を基準値比12%改善

  CO2原単位=CO2排出量/内製生産高
  CO2排出量は、電気と燃料の使用によるもの

目標原単位(t-CO2/百万円)
全社(本社)
=0.41930
電力事業部(本社)
=0.40095
機器事業部
=0.27753
2. 廃棄物の削減
  基準値は、2013年度から2015年度の総排出量の平均値
  総排出量を基準値比7%削減
  総排出量=840t以下
3. 環境配慮製品の設計・開発
  各設計部門で設定