電力カンパニーの製品

ハイブリッド発電システム

太陽光、風力、蓄電池などを組み合わせた発電システム。システム設計から施工までを一貫して行います。

製作実績

独立型ハイブリッド電源システム

離島や山間部など電力系統が整備されていない場所での独立型発電システム。昼間に太陽光発電と風力発電で発電した電力のうち余剰電力を長寿命型蓄電池に蓄えて、発電力が低下する夜間などに放電して電力を供給します。

<システムの仕様>

太陽光
発電設備
定格出力:104kW
構成: 11.6kW/アレイ× 9アレイ
蓄電池設備 定格容量:460kWh(10時間率、放電深度80%)
公称電圧:288V
期待寿命:2500サイクル
風力発電設備 定格出力:100kW(単機10kW×10台)
ロータ直径: 6.2m
定格風速:13m/s(許容風速50m/s)
運転範囲: 3~13m/s
ファーリング制御:15m/s以上
電源制御設備
フィーダ
(配電線)
フィーダ数:5
定格容量:20kVA/フィーダ
配電方式:3φ4線式、50Hz、380V
総合監視制御装置 機能:システムの統括制御、操作、監視、計測、表示
気象観測装置 機能:風速、気温、湿度、降雨量の測定
総合監視制御装置への測定結果の送信
DC/DC
コンバータ
定格出力:50kW
入力電圧:直流240V
出力電圧:直流350V
DC/AC
インバータ
定格容量:120kVA
入力電圧:直流350V
出力電圧:3φ210V
データ
収集装置
機能:気象データ、システムデータ(発電電力など )の収集と蓄積。日報の自動作成。