沿革

昭和17年(1942年) 愛知電機再生工場を創業(名古屋市東区水筒先町2-2)
株式会社愛知電機工作所を設立
昭和22年(1947年) 長野工場を新設
東京連絡所を開設(現東京支社)
昭和23年(1948年) 岐阜工場を新設
昭和26年(1951年) 九州出張所を開設(現九州支社)
昭和28年(1953年) 仙台出張所を開設(現東北支社)
昭和30年(1955年) 大阪出張所を開設(現関西支社)
札幌駐在員事務所を開設(現北海道支社)
昭和35年(1960年) 春日井市に工場を集結、本社を移転
昭和35年(1960年) 長野工場、岐阜工場を分離独立(現長野愛知電機(株)、現岐阜愛知電機(株))
昭和36年(1961年) 回転機工場を新設
名古屋証券取引所第二部に上場
昭和39年(1964年) エマソン社(アメリカ)との合併会社「アイチ-エマソン電機(株)」を設立(現アイチエレック(株))
昭和42年(1967年) 沖縄駐在員事務所を開設(現沖縄支社)
昭和45年(1970年) エリンウニオン社(オーストリア)と技術提携
名古屋証券取引所第一部に上場
昭和48年(1973年) 超高圧大形変圧器工場を新設
昭和52年(1977年) 東北工場を新設
昭和60年(1985年) 衛生機器工場を新設
昭和61年(1986年) 商号を「愛知電機株式会社」に変更
昭和62年(1987年) タイ・マクスウェル社(タイ)へ資本参加、技術援助契約を締結
昭和63年(1988年) タイコンプレッサマニュファクチュアリング社(タイ)の設立に参加
平成 2年(1990年) 機器第一工場を新設
平成 4年(1992年) 土岐工場を新設
本社ビル竣工
平成 8年(1996年) 変圧器関係部門ISO9001認証登録証を取得
制御機器関係部門ISO9001認証登録証を取得
平成 9年(1997年) 太陽光発電用パワーコンディショナ10kW級JET認証を取得
平成11年(1999年) 機器事業部ISO9001認証登録証を取得
平成12年(2000年) 本社工場、土岐工場ISO14001認証登録証を取得
平成13年(2001年) 土岐工場を分割(現TOTOウォシュレットテクノ(株))
平成16年(2004年) 中国江蘇省蘇州市に蘇州駐在員事務所を開設
平成17年(2005年) 中国江蘇省蘇州市に、アイチエレック(株)とハーメティックモータの製造・販売会社
「蘇州愛知科技有限公司」を設立
平成18年(2006年) 小形変圧器の新生産ライン構築
平成20年(2008年) 中形変圧器の新生産ライン構築
平成21年(2009年) 大形変圧器の新生産ライン構築
平成23年(2011年) 制御機器の新生産ライン構築
中国江蘇省蘇州市に、アイチエレック(株)、中国企業2社と電動コンプレッサー用
モータ、駆動用モータの製造・販売会社「蘇州愛知高斯電機有限公司」を設立
平成25年(2013年) インドネシアに、タイ・マクスウェル社等と配電用変圧器の製造・販売会社「アムトラエレクトリック社」を設立
平成26年(2014年) (株)シーテック、(株)テクノ中部と「中部環境ソリューション合同会社」を設立
平成29年(2017年) 子会社「愛電商事株式会社」を吸収合併