変圧器の異常診断(油中ガス分析、帯電度測定等)

絶縁油の諸特性を測定することで、変圧器内部の異常診断、劣化診断および絶縁油の性能を調査します。

特長

お客様の目的に応じて次の変圧器変圧器の異常診断を承ります。

  • 変圧器の異常診断(油中ガス分析)
    絶縁油中に溶存している各ガスを定量分析し、変圧器内部の異常の有無を診断します。
  • 変圧器の劣化診断
    絶縁油中に溶存している、CO+CO2、フルフラール、アセトンを定量分析し絶縁紙の劣化程度を診断します。
  • 絶縁油特性試験
    絶縁油の全酸価、絶縁破壊電圧、水分量、体積抵抗率、色相を測定し、絶縁油の性能を調査します。

PCBに関する情報はこちら