愛知電機株式会社 粉体機器

真空加熱乾燥

容器回転揺動型

粉体真空加熱乾燥機 ロッキングドライヤ

ヒータ加熱

■処理機能

乾燥、加熱混合

■容器容量

10L~600L(10L未満は特殊対応)

■加熱温度

50℃~150℃(150℃~400℃は特殊対応)

■特長

回転揺動方式という独自機構を取り入れた乾燥機。粉体を壊したくない乾燥や加熱混合などに適する。
静置式乾燥機に比べ短時間で均一に乾燥できる。

ソフト乾燥 材料を壊すことなく乾燥・加熱混合ができる。
複合化 粉体に液体を噴霧して造粒・コーティングした後に乾燥・加熱混合することができる。
粉体の凝集を解砕しながら乾燥・加熱混合することができる。
均一乾燥 粉体を流動させながら加熱するため、熱効率良く均一な乾燥ができる。
ヒータ加熱 遠赤外線ヒータにて加熱し、粉体温度も計測しながら理想的な乾燥・加熱混合ができる。
高温雰囲気下(400℃)での乾燥・加熱混合・反応ができる。
完全排出 処理粉体を閉塞させることなく全量排出ができる。
容器着脱 カプセルは着脱でき、多品種生産に適する。

■加熱・乾燥機構

■排出機構

カプセルを20°傾斜させて回転することにより処理粉体を排出する。

写真:排出機構
ヒータ加熱式乾燥機

ヒータ加熱式乾燥機

容器容量:10L~600L

■高機能化(この機種は下記の機能を付加することが可能)

混合

解砕

加液

調湿

加熱混合

粉砕

ヒータ加熱乾燥

ヒータ加熱乾燥

蒸気加熱乾燥

蒸気加熱乾燥

流動層乾燥

自動開閉機構

容器着脱機構

容器着脱機構

 

■ハンドリング

投入方法

カプセルを20°傾斜させて投入。オプションにて投入角度を大きくすることができる。

排出方法

カプセルを20°傾斜させて回転しながら排出。傾斜角と回転速度を制御することで排出量を調整できる。

カプセル着脱方法

クレーン等にて吊り上げて着脱。オプションの着脱機構や容器昇降反転機にて省力化できる。